2017年11月17日

起業家アカデミーのご案内

中小企業診断士の吉村です!

来る11/30(木)、12/4(月)、12/11(月)の3日の日程で、

福井商工会議所主催の「起業家アカデミー」が開催されます。

チラシ表面.jpg

チラシ裏面.jpg

不肖私めは12/4にリピート客の集客方法を担当いたします。


対象は開業後5年以内の経営者さん、
半年以内に開業予定の経営者さんです。


そしてなんと、受講料は無料!
(最終日の交流会は有料です)


開業後、更なるステップアップや気づきをご希望の方、
開業へ向けてワクワクドキドキされてる方、

単なる学びだけではなく、同じ希望や悩みをもった「仲間」ができるチャンスです。


ぜひ受講してみて下さい!



posted by サムライアライアンス at 12:32| Comment(0) | 中小企業診断士の吉村

2017年09月12日

香港・マカオに行ってきました

社労士の今井です。
9月上旬にサムライアライアンスの5人で
香港、マカオに研修に行ってきました!

”旅行”じゃなく”研修”です。ここ大事です(笑)

マカオといえばカジノで有名ですが、マカオのカジノの売上は既にラスベガスの7倍を超えているようです。
大きなホテルはどこもカジノでにぎわってますが、
今流行ってるのは圧倒的に「バカラ」で、
ブラックジャックなど日本人に馴染みのあるゲームの台は少なかったです。

KIMG0162 (002).JPG


マカオは近代的なビルも多いですが、歴史的建造物もたくさん残ってます。
後ろは世界遺産の聖ポール天主堂跡です。

マカオ&香港_170912_0007.jpg

こちらは香港のPMQビルの看板です。
KIMG0202 (002).JPG
ここはかつて警察宿舎だった場所ですが、
現在は若手デザイナー、クリエイターの
情報発信スポットとして生まれ変わっています。
いわゆるチャレンジショップの集合体のようなもので、
ユニークなお店が多く楽しめる場所でした。

あと、一応社労士らしい話も少し・・・
下の画像は香港の最低賃金について書いてある看板です。
KIMG0201 (002).JPG

香港の最低賃金は今年5月から
34.5香港ドル(約483円、1香港ドル=約14円)で
2年前から約6.2%引上げています。

2年で6.2%というとかなり大幅な引き上げのように思いますが、
今の日本もそれと同レベルの水準で引き上げがされています。

福井県でも、一昨年732円→昨年754円→今年778円(10月より)で、
2年間で約6%も引き上がっています。

日本ではつい7〜8年くらい前までは
年間で1〜3円程度しか上がらない年もあったので、
ここ数年の20円超の引き上げは中小企業にとっては
大きな影響を与えるものとなってきました。

日本と香港との大きな違いは賃金引上げ幅に
経済上昇が追いついてない点でしょうか。

香港、マカオともとにかく国の経済発展の勢いを感じる研修でした!

posted by サムライアライアンス at 10:11| Comment(0) | 社労士の今井

2017年07月15日

色々なPRです!

みなさんこんにちは。

司法書士の土田です。


まずは、先日の九州地方における豪雨及び土砂災害で被害にあわれた方々へお見舞いを申し上げます。


さて、前回(4.30)のブログで掲載した法定相続情報証明制度が、その後、実際に運用され始めました。

実はこの制度の運用後すぐ、うちの事務所でも相続の案件がありましたので、早速その証明書を申請し、取得してみましたexclamation


証明書の概要としては、通常の相続関係説明図に法務局の認証がついているというものでした。

また、その利用方法は、福井県内においても法務省の説明どおり、主な金融機関において、その証明書1枚で、相続関係を証明できるもののようです。これを上手に利用すれば、これまで一行一行に対して沢山の戸籍類を取得していたものがその必要が無くなり、この証明書1枚で、相続関係を説明できることとなります。

みなさんも、相続があった際には、まずは司法書士事務所に行ってこの法定相続情報証明書を取得するよう依頼してみてくださいね。


あと、業界のPRです。


来月早々の83日は司法書士の日です。

この日は、司法書士の前身である「代書人」が制度化された日であり、この日は、福井県内の司法書士事務所において、各種相談が無料となります(一部、時間制限有り)。


ちなみに、司法書士の前身が代書人である一方、弁護士の前身が代言人、公証人の前身が証書人と言います。みなさん、それぞれ言われは分かりますか?


代書人=司法書士は「代わりに書く人」、つまりは昔、書面として自分の主張が上手に書けなかった人に代わって書類を作成した人(主には裁判関係の書類)のことでした。

代言人=弁護士は「代わりに物言う人」、つまりは、自分で上手に主張を出来ない人の代わりに物言う人のことであり、証書人=公証人は「書面を証明する人」であり、現在でもそれぞれ、その役割を引き継いでいるようです。


もし、何かご相談があるようであれば、この司法書士の日=83日を上手に利用してくださいね。


今回は色々とPRをさせていただきました。

posted by サムライアライアンス at 21:38| Comment(0) | 司法書士の土田