2019年10月31日

福井新聞様から取材を受けた内容を解説!

こんにちは!


中小企業診断士 兼 ファイナンシャルプランナーの吉村です。


先日、消費税増税に関する対策というテーマで福井新聞様から取材を受けまして、9月下旬に記事になりました。




大まかな内容(今回のブログに関係ある部分)としては、




    消費税率のアップはあるが、一方でキャッシュレス化によるポイント還元というものもある。店舗や期間に限りはあるが、税率アップ分を上回る還元がある。


    それに加えて、もともとクレジットカードのポイントというものもある。


    日本はクレジットなどのキャッシュレス決済が大きく遅れている。


    キャッシュレス決済は怖いという意見も多いが、現金より安全であるという考え方もある(現金は落としたり盗まれたら終わりだけれど、クレジットカードなら支払いを止められる)ので、今回の増税を機に、ぜひ勉強して活用した方がいい。




以上のような内容をお話ししたのですが、その中で、私が航空会社系のクレジットカードを使って「夫婦で3年に一度、ビジネスクラスでハワイに行けるくらい」ポイントをためているという内容が紹介されたところ、予想以上の反響を頂きました。


「どうやってためてるの?」


「そんなこと本当にできるの?」


「吉村がお金持ちだからためられるんじゃないの?」


ほとんどこのような内容でした。


が、私はお金持ちでもなんでもない、ただの旅行好きで、


時には視察、時にはプライベートの旅行をすることで、

色々な刺激や癒しを得たり、

仕事上使える知識や情報、ビジネスアイデアを得ているだけなんです。


しかも、ビジネスクラスでハワイに行くというのは一般的なご家庭でも可能なお話しなので、今回はこの詳細についてご説明したいと思います。




まず基本的なこととして、クレジットカードのポイントと航空会社のマイレージの仕組みについて説明したいと思います。


クレジットカードを利用した場合、一般的には利用額の1%程度のポイントが付きます。(利用額100円ごとに1ポイントや、1,000円ごとに10ポイントなど、単位はさまざまあります)


中には西武などの「クラブオン」カードなどのように、西武やそごうの店舗でクレジットカード決済をすると、6〜8%のポイント還元があるケースもあります。


また、楽天やYahoo!ショッピングなどのように、ポイント10倍還元キャンペーンをやっているECサイトなどもありますね(^^)


航空会社系のカードの場合、通常は1%の還元となり、例えば1,000円決済すると10マイルが付与されることとなります。


これだけ聞くと、「なんだ、マイレージってそんなにお得じゃないのでは?」と思うかもしれません。ですが、マイレージは使う時にそのお得さが発揮されます。




通常のクレジットカードのポイントは、特定のお店でのみ使え、1ポイント=1円で使えるというケースがほとんどです。


しかし、航空会社のマイレージは、たまったマイルを「特典航空券」に交換できる仕組みです。この特典航空券は国内線、国際線ともにあります。そして、交換レートは各航空会社が定める基準によって、「●月に日本から●●国へ行くには●●●マイル必要」といった風に決まっています。


たとえば、私の住んでいる福井市から秋休み(10月)を利用して家族4人で旅行するとしましょう。


福井市の最寄の空港、小松空港から羽田空港への往復航空券は、10月がレギュラーシーズンですから、1名12,000マイル、家族4名ですと48,000マイルが必要となります。


マイレージカードの還元率は通常1%ですから、48,000マイルをためるには48,000÷1%で、4,800,000円のカード決済が必要となります。


この場合のマイルの価値ですが、小松空港⇔羽田空港の航空券は、時期や時間帯によりまちまちですが、最も安い価格帯で25,000円程度ですので、1マイルの価値は2円ほどと考えることができます。つまりこのケースの実質の還元率は2%ということになります。


ちなみに混雑の少ない、ローシーズンに東京往復する場合、たとえば2020年の121日から24日の間に同区間を旅行すると、一人当たりの必要マイル数は10,000マイル。家族4名で40,000マイル、必要決済額は4,000,000円となります。そして実質の還元率は2.5%ほどとなります。


「ほらやっぱり金持ちしかそんなにカード決済しないよ!」という声が聞こえそうですが、この額を1年で決済する必要はありません。


マイルは付与(カード決済された翌月に付与されます)されてから3年間有効なので、3年間でためればいいのです。


レギュラーシーズンに東京へ行くのであれば、年間1,600,000円、月間133,333


ローシーズンであれば、年間1,333,333円、月間111,111円ほどの決済でいいという話になります。




今、キャッシュレス決済は急速に普及してきています。コンビニ、ドラッグストア、スーパーマーケット、ガソリンスタンド、飲食店など、生活に密着したお店でもクレジットカード決済できるところが増えてきています。また、携帯電話料金の決済などもクレジットカードでやれますので、徹底的にカードを使うと決めた場合、月間133,333円のカード決済は難しくない数字ではないでしょうか?


総務省統計局による2018年度「家計調査」によると、福井市の勤労世帯の月平均の消費支出は322,927円。


この中から、医療費や教育費、水道ガスなど福井市ではクレジットカード決済ができないものを差し引くと、270,875円(吉村試算)となり、年間約325万円の「クレジットカード決済が可能な」消費支出をしていることになります。


仮に年間300万円をクレジットカード決済したとすると、3年間の決済総額は900万円、1%還元で計算すると90,000マイルたまることになります。


先ほどのディズニーランドのケースで言うと、3年間にレギュラーシーズンとローシーズンに各1回ずつ家族旅行することが可能ですし、二人でこのマイレージを使って旅行するとすると、ローシーズンにエコノミークラスでヨーロッパ往復(45,000マイル/人)が可能です。レギュラーシーズンのハワイ往復はエコノミークラスで40,000マイルですから、二人で利用しても10,000マイル余る計算になります。




さらに還元率を1.5倍の1.5%にできる、より高いグレードのカードというものもあります。年会費はかかりますが、それで決済すれば、年間300万円の決済でも3年間で135,000マイルたまる計算となり、2人でレギュラーシーズンにハワイをビジネスクラスで往復(65,000マイル/人)できるくらいマイルがたまる計算になるのです。(もちろんハワイにばっかり行っているわけではありません()


たとえば来年の9月上旬にハワイをビジネスクラスで往復した場合を調べたところ、ANAの公式サイトの最も安い運賃で往復30万円ほどでした。(エコノミークラスだと10万円ちょっとでした)


ちなみに同じ航空会社であれば国内の飛行機移動もこのマイレージに含まれるので、ビジネスクラスで32.5万円、エコノミークラスで12.5万円ほどの価値になります。


これをもとに1マイルの価値を算定すると、ビジネスクラスで5円、エコノミークラスだと3.125円となります。


(還元率を1.5倍にできるカードですと、1マイルというか100円のカード決済をした時の還元価値は、ビジネスクラスで7.5円、エコノミークラスで4.69円くらいになります。)


クラスが違うだけで、こんなに違うのにびっくりされた方もいらっしゃるでしょう。




マイルを使う時には、「できるだけ遠く、できるだけ上のグレードで」が原則です。




さらに言うならば「できるだけ不人気路線で」も検討対象にするといいでしょう。


人気の路線はライバル会社も就航していたりする関係もあり、比較的安いチケットが買えたりして、1マイル当たりの価値が低くなってしまうケースが多いのですが、不人気路線は採算がとりづらいので、人気路線のように値引きがされづらいことがあるためです。




ただ、これだけ見るとECモールやデパートなどの「10倍」「8倍」の方が有利に思えます。たしかに航空会社系の還元率より魅力的です。ただし、これらの高い還元率を得られるのは、一般的に「そのECモールやデパートでお買い物した時のみ」なんです。


ですから、特定のECモールやデパートで激しく購入される方はもちろんそちらを利用するというのもいいのですが、特定のお店で年間100万円も使ったことのない私のような庶民が、クレジットカードのポイントでお得さを実感しようと思うと、「いろんなお店で、生活の大半をクレジットカード決済して、ドカンと還元してもらう」という目線ですと、特定のショップやECモールでのみポイント付与率が高いカードで恩恵を受けるのは少々苦しかったりするのです。




クレジットカードとマイレージの賢いため方、ご理解いただけましたでしょうか?




でも実はマイレージの世界はもっと奥深く、今回ご紹介したのは「陸マイラー道」のほんの入り口程度です。


(「陸マイラー」とは飛行機(空)に乗ってマイルを貯めるのではなく、陸上でマイルを貯める人達の総称です。)


マイレージの賢い貯め方や、クレジットカードの賢い利用法は、色々な方が様々な知識やテクニックをご紹介されています。


今回興味を持たれたら、是非検索して、ご自身に合った利用法を見つけて下さい!





posted by サムライアライアンス at 00:12| Comment(0) | 中小企業診断士の吉村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: