2017年04月30日

法定相続情報証明制度が始まります!

みなさんこんにちは。司法書士の土田ですわーい(嬉しい顔)

GWに突入しましたね!
皆さんの会社ではいつから始まり、いつまででしょうか?
中には9連休というところもあるようで、なんともうらやましい限りです。

私の事務所は主に法務局(登記所)に申請する書類が多いものですから、基本的には法務局と同じ休みになります。
なので、今年は最大5連休。
けれども実際は、この時期(休み)を使って、普段まとめられない資料などを片付けたりするものですから、あまり『連続休暇』という感じがしないというのが本当のところでしょうか。

さて話は変わり、ちまたではあまり噂になっていないようですが、来月の下旬(5月29日)から、法務局において「法定相続情報証明制度」が開始されますexclamation
これは、いわゆる所有者不明土地問題や空き家問題を生じさせている一因と言われる相続登記の未了を、これにより防いでいこうというものです。
すなわち、この証明制度により、相続人の相続手続における手続的な負担軽減と、新たな制度を利用する相続人に相続登記の直接的な促しの契機を創出していこう、というものです。

まだちょっと先なので、詳しい情報も沢山あるわけではないですが、例えば、亡くなられた方(被相続人)が預貯金をA銀行、B銀行、C銀行に持っていた場合でお話ししましょう。

これまでは、被相続人の戸籍のすべて(出生から死亡まで)や、法定相続人の戸籍や住民票が、その金融機関ごとに必要でしたあせあせ(飛び散る汗)
これらは、相続人の数が多い場合や、被相続人が転籍等している場合などには、合計10通を超えることが多々ありましたたらーっ(汗)
そしてそれらを一回一回、各金融機関に渡したり、見せたりしなければなりませんでしたダッシュ(走り出すさま)

しかし、今回のこの「法定相続情報証明制度」を利用する場合には、一度だけ法務局にそれらの戸籍を提出して確認をしてもらえれば、その被相続人に関する法定相続関係図を法務局が発行してくれることになります。
そのうえで、各金融機関には、その証明書を提出すれば法定相続の関係は証明されることになり、結果、いちいち何通にもなる戸籍を出さなくてよくなったり、場合によっては、戸籍類を何通も取得するための費用をかけなくて済むことになるのですグッド(上向き矢印)

この制度は来月からの施行なので、まだ手元に実物(実例)はありませんが、施行後は、我々司法所が関与する相続登記においてもどんどん、その証明書が発行されることでしょう!

興味がある方は、是非お近くの司法書士に聞いてみてくださいねるんるん
posted by サムライアライアンス at 18:54| Comment(0) | 司法書士の土田
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: