2016年02月04日

消費税の軽減税率

こんにちは(^^)税理士の小木です。
間もなく所得税の確定申告期を迎えます。
会計事務所にとっては、最も忙しい時期。
体調管理もしっかりしながら、やるべき仕事は早め早めに片づけることが求められます。
ということで、早めにブログを書かせていただきます(^^)

さて、この時期は税制改正の情報がいろいろと出てくる時期でもあります。
税制改正大綱といって、12月に来年度の税制改正の大筋が発表され、3月に国会で税制改正法案が成立するという流れになります。
28年度の税制改正で最も注目すべきは、やはり消費税の軽減税率。
ちょっと忘れているかもしれませんが、消費税は来年、平成29年4月1日から税率が10%に引き上げられます。
そのタイミングで軽減税率が導入されるわけですが、具体的には
@飲食料品の譲渡(酒類以外の食品の譲渡をいい、外食サービスを除く)
A定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞の譲渡
について、現行の8%税率に据え置く軽減税率制度が導入されます。
また、ちょっと知られていないところですが、事業者に対して適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)が平成33年4月1日から導入されます。詳しくはまたの機会に!
posted by サムライアライアンス at 09:40| Comment(0) | 税理士の小木