2015年11月17日

消費税の軽減税率

こんにちは(^^)税理士の小木です。

業界は、マイナンバー一色で、すっかり影をひそめてしまった消費税の軽減税率。
今回はこの話題で少しお付き合いください。

まずは税理士会のアンケートのご紹介をします。
税率10%引上げ時に導入するとされている軽減税率制度については、「導入すべきではない」との回答が57.1%、「どちらかというと導入しないほうがよい」が22.8%と、約8割の会員が軽減税率の導入には反対か消極的との結果がでました。小生も反対です。

導入に否定的な理由は、「事業者にとって事務負担が過重となる」、「対象品目の選定が極めて困難」、「税制の簡素性に反する」といった理由が多かった模様。

そんなアンケート結果とは裏腹に、政府与党の委員会では、何を軽減税率の対象とするかの議論が進んでいます。
軽減税率の対象を精米のみ(税率2%の軽減で税収額は約400億円)もしくは生鮮食品(同3400億円)にまで絞り込みたい自民党側と、酒類と外食を除く加工食品と生鮮食品すべて(同1兆円)にまで広げたい公明党側の意見が対立し、議論は平行線を辿っています。

ハンバーガー店で、店で食べるか、テイクアウトかで税率が違う取扱いの可能性もあり、混乱を招きかねません。

28年税制改正の検討作業が始まる前の合意は難しそうです。

税収優先か簡素な制度を目指すのか?

公平、公正な税制であって欲しいと願うのと、まずは無駄遣いを見直してほしい。

ちなみにマイナンバー制度導入には数千億円かかっています。


posted by サムライアライアンス at 21:04| Comment(0) | 税理士の小木

2015年11月16日

11月度定例会議を開催しました

みなさんこんにちは、司法書士の土田ですNEW

先日、サムライアライアンス(以下「S.A.」といいます。)の11月度定例会議を、県内某所において(と言っても、メンバーの事務所ですが…)開催しましたぴかぴか(新しい)

そこでの話の主な内容は、年末も差し迫っていることもあり、今年一年の活動の振り返りと、来年一年の活動予定の計画です。

振り返りとしては、セミナー関連があまり開催できなかったという事があがりもうやだ〜(悲しい顔)、また計画としては、ちょっと違った形での行動を来年はしましょうどんっ(衝撃)ということになりました。
詳しい内容は、来月の定例会議以降で決めていくことになりますので、S.A.のブログやホームページをこまめにチェックお願いしますひらめき

それと同時に話が上がったのが、来月の12月をもって、S.A.を立ち上げて丸5年が経つ!という事でしたexclamation×2

これまで、メンバー全員がそれほど意識してきた訳ではないですが、お客様や依頼人、家族等の支えもあって、何とかS.A.としての5年間を無事に迎えられそうです。
長いようで短い時間でありましたダッシュ(走り出すさま)
みなさま、本当にありがとうございます。

これからも末永く皆様と一緒に歩みたいし、またお役に立ちたいと思っております。
これからもS.A.をどうぞよろしくお願い申し上げますexclamation


サムアラ会議.JPG
↑↑↑↑↑
こんな感じで、真面目に、また和やかに会議を行っています。



posted by サムライアライアンス at 08:15| Comment(0) | 司法書士の土田